新着情報

報告会◆第5回JAPAN MEDICAL INNOVATION PROGRAM:平成29年2月24日

医学研究院次世代医療研究開発講座・ARO次世代医療センター橋渡研究推進部門では、「平成28年度日本・アジア青少年サイエンス交流事業、さくらサイエンスプラン」(JST主催)に採択され、国際学術交流を推進しております。

この度、アジア諸国の連携機関より医療イノベーションを推進する若手人材を7名選抜し、「第5回JAPAN MEDICAL INNOVATION PROGRAM」と題しまして、平成29年2月20 日(月)~25日(土)の6日間、日本の製薬企業(沢井製薬、新日本科学、協和発酵キリン、第一三共、エーザイ、ツムラ、大塚製薬)および日本医療研究開発機構(AMED)を訪問し、国際産学連携に関し協議致します。

つきましては以下の通り、報告会を開催しますのでご興味のある方は是非ご参加の程、宜しくお願い致します。事前申込は不要でございます。

                 記

日時:平成29年2月24日(金)、17:00-18:30
場所:九州大学医系キャンパス内 コラボステーションⅠ 1階セミナールームA

17:00~17:05 【開会の挨拶】九州大学 次世代医療研究開発講座 教授 杉山 大介
17:05~18:25 プログラム参加者による発表

参加者:
Bakhtiar Athirah(マレーシア/マーサ大学)
Bao Lam(ベトナム/チョーライ病院)
Kong Kin Weng(マレーシア/マラヤ大学)
Mawuntu Hendrik Philips Arthur(インドネシア/国立サムラツランギ大学)
Seah Ivan(シンガポール/シンガポール国立大学)
Tumurkhuu Munkhtuya(モンゴル/国立モンゴル医科大学)
Velayo Clarissa(フィリピン/フィリピン大学)

18:25~18:35 修了証授与
19:55~20:00 【閉会の挨拶】シドニー大学准教授・九州大学医学研究院講師 Stuart Fraser 

※プログラム内容・時間帯は変更になる可能性がございます。