新着情報

医系R&D専門家によるレクチャーコース(英語)のご案内

この度九州大学先端医療イノベーションセンター/ARO次世代医療センター国際連携室では、医学領域におけるR&D(Research & Development)で著名な、アメリカ・タフツ大学のMilne教授を客員教授として招聘しました。

医学領域においてR&Dは、健康増進や新薬開発につながる成果を発見し、その発見が将来病院や製薬会社などで利用される可能性を見出すことにおいて重要な役割を果たします。どのような健康関連の分野においても医学関連品のR&Dに関するプロセスと慣行の理解は重要です。
以下の通り、Milne教授によるレクチャー(全3回)を開催致します。皆様のご参加をお待ちしております。

【講義タイトル】Business Outlook for Bio innovation and Global Market Access to Medicines
(バイオイノベーションのビジネス展望と医薬品の世界市場参入)
【講義内容】
This course is an intensive, shorter version of the Annual Postgraduate Course in Drug Development and Life Cycle Management created by the well-known Tufts University Center for the Study of Drug Development (CSDD) in Boston, USA and designed by its multi-disciplinary faculty of economists, scientists, and doctors, based on industry best practices and CSDD’s own research surveys, company roundtables, and data analyses.
It will be presented at Kyushu University Hospital by Visiting Professor, Dr. Christopher-Paul Milne, who is Director of Research at CSDD. By the end of this course, participants will understand the regulatory, sociopolitical, and economic considerations that determine risks and rewards in the global marketplace, as well as how these are impacted by unmet medical needs, assessment of new health technologies, and market access in the mature (e.g., USA, EU, Japan), emerging (e.g., BRIC nations) and ‘next wave’
(e.g., Mexico, Saudi Arabia, Thailand, etc.) markets.

【日時】
第一回 平成27年5月8日(金)14時00分〜17時00分  
第二回 平成27年5月15日(金)14時00分〜17時00分  
第三回 平成27年5月22日(金)14時00分〜17時00分  

【会場】九州大学 馬出キャンパス ウエストウイング 臨床小講堂1
https://www.kyushu-u.ac.jp/access/map/hospital/hospital.html (⑯West Wingの奥、2階)
【事前登録制】
参加希望の方は以下の串崎もしくは川口宛に参加希望の旨ご連絡下さい。
当日の参加も可能ですが、事前登録された方を優先させて頂きます。

【担当】
福岡市東区馬出3−1−1
九州大学病院ARO次世代医療センター
国際連携室 串崎・川口
E-mail: 串崎 erika-k@med.kyushu-u.ac.jp  川口 n-kawagu@med.kyushu-u.ac.jp